「もう黙っちゃいられん!」 (4) 悩み、苦しむ親たちを、これからの未来に増やしたくありません。 (ワーキングマザー)

 

 

 
日々の労働、生活の傍ら、原発問題について抱いている、

様々な方の「思い」を、紹介するシリーズ

 

 「もう黙っちゃいられん!」

 

あなたの身近にも、こういう「思い」を抱いている人が、いるかもしれない。

そんな風に感じて頂けたら、嬉しく思います。

 

 

第4回目は、千葉県で子育てをしながら、都内に勤務する女性の方です。

 

 

悩み、苦しむ親たちを、これからの未来に増やしたくありません。

M.K

 

都内に勤務するワーキングマザーです。

自宅は千葉県北西部、ホットスポットです。

移住を考えましたが、さまざまな家庭の事情があって叶っていません。

まだ完全にあきらめたわけではありませんが…。

 

子供を保育園に預けて働いています。

311以降、できるだけ対策を取ってきたものの、

「本当にこれでよかったのか」「逆に被爆させてしまったのではないか」

「対策はただのひとりよがりで、子どもの心を傷つけてきたのではないか」…と

罪悪感に苛まれ続けています。

 

被爆と子供たちの健康状態に関係するニュースを耳にするたび、震える思いです。

そして、福島のお母さん方の胸中を思うと、ただただ胸が痛いです。

 

こんな思いに悩み、苦しむ親たちを、これからの未来に増やしたくありません。

その不安は、原発が存在する限りつきまといます。

 

放射能被害の拡大を心配する私に、同業の友人はいいました。

「それは今、あなたが心配してもどうなることじゃないでしょ?」

確かにそうです。そう考えて日々仕事や暮らしに追われている人も多いことでしょう。

でも、違う!!

 

幼い子供がおり、まったくデモ等に参加できていない情けない私ですが、

あの友人の返答を聞いて胸にわきあがった、大きな違和感を忘れることはありません。

声を上げて動いてくださっている皆さんには、感謝の思いでいっぱいです。

スーツデモも、心から応援しております。

 

 


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 
 

 

コメントは受け付けていません。